それぞれの素材に注目

カテゴリ

List

2017年09月19日
便利だからこそ有効活用を更新。
2017年09月19日
様々な場面で活躍できるを更新。
2017年09月19日
それぞれの素材に注目を更新。
2017年09月19日
奥深いシールラベルを更新。

シールラベル制作のポイント

お子さまの持ち物やオフィスグッズなど、シールラベルはさまざまな場所で大活躍しています。シールラベルを制作をするときは、優良な企業に依頼しましょう。ひとつだけにこだわらず、たくさんの業者のホームページを見比べておくことが大切です。
まず料金や制作の流れを見ておきましょう。説明が雑、料金設定が分かりにくいところには要注意です。安いと思って飛び付き設定をよく見たら、ほかの業者よりも高額だったという失敗例もあります。そんなことがないように、よく理解してから選択しましょう。
デザイン性も大切なポイントです。ホームページに制作例が掲載されていれば、それを見ておくと良いでしょう。センスのレベルが判断できます。業者の信頼度も確認しておきたいところです。インターネットの口コミの評価を見ておきましょう。口コミは実際に利用した人たちの意見をチェックできるので、たいへん貴重です。ただ、人によって受け取りかたは個人差があるので、それだけがすべてではありません。参考程度にしておきましょう。
また分からないことがあったときに、対応してもらえる環境が整っているかも大切です。事前にメールや電話で相談できるか確かめておくと良いでしょう。

シールラベルの素材や使い方について

シールラベルは業務用としても使用用途が多く、バーコードや品質表示、電化製品のシリアルナンバーなど使う方法は多岐に渡ります。使う場所によって使い分けられるように素材も色々なタイプがあり、貼り付ける粘着素材も用途に合わせられるようになっています。
素材には表面を金属質にして耐熱性や耐水性に優れたタイプがあり、高級感もあることから電化製品などに向いています。紙素材のラベルシールは耐水性などはありませんが、バーコードや成分表示など幅広く利用されています。耐水性を重視したラベルシールはフィルム系で白タイプや透明タイプなどがあり、見た目は紙素材風でも耐水性や耐久性に優れた物もあり、それぞれ価格も変わります。
ラベルシールの粘着素材の種類には一般粘着や強粘着、冷凍用、再剥離、微粘再剥離などがあります。一般粘着は標準的なラベルシールに使用されるタイプで、接着部分が平面の場合強い粘着力を発揮します。強粘着は剥がれにくいタイプで凹凸がある面への使用に向き、冷凍用は飲料水用や食品用などのラベルに適しています。再剥離はラベルシールを剥がす時きれいに剥がれるタイプですが、凹凸面に弱いという特徴があります。微粘再剥離は繰り返し貼り直せるタイプで、直ぐに剥がすような商品説明ラベルに向いています。

Pick Up Contents

便利だからこそ有効活用

シールラベルとは何か 皆さんは、シールラベルというものをご存知でしょうか?シールラベルというのはタ…

Read more

様々な場面で活躍できる

シールラベルの使用例 シールラベルと言えば、封筒の宛名表記の時によく利用していると思いますが、シー…

Read more

それぞれの素材に注目

シールラベル制作のポイント お子さまの持ち物やオフィスグッズなど、シールラベルはさまざまな場所で大…

Read more

奥深いシールラベル

シールラベルは活用方法が様々ある シールラベルはお店などの商品に貼るバーコードのものと、商品のデザ…

Read more