便利だからこそ有効活用

カテゴリ

List

2017年09月19日
便利だからこそ有効活用を更新。
2017年09月19日
様々な場面で活躍できるを更新。
2017年09月19日
それぞれの素材に注目を更新。
2017年09月19日
奥深いシールラベルを更新。

シールラベルとは何か

皆さんは、シールラベルというものをご存知でしょうか?シールラベルというのはタックシールとも呼ばれるもので、裏側がシールになっているプリンター印刷用の用紙のことを指します。このシールラベルは主に宛名などを印刷する時に多く利用されており、シールラベルを使えば印刷した宛名シールを封筒に貼付けるだけで宛名書きが完了するのでとても便利です。
皆さんは、会社で不特定多数の業者や顧客に対してDMの発送などを行ったことはありますか?このDMの発送の際に、少数であれば手書きで宛名を書くのも手間はそれほどかかりませんが、数が増えれば増える程その手間はどんどん増えていきます。そんな時に利用するのがこのシールラベルなのです。
シールラベルはエクセルなどのデータを元に宛名を印刷することもでき、いちいち一人ずつ住所や名前を調べて記入するという手間が省け、印刷をして貼付けるだけですので効率よくDMを発送することができるようになるのです。このようにシールラベルには宛名書きの手間を省き、時間を有効活用できるようになるメリットがあるため、大量の郵送を行う際などには是非このシールラベルを利用して宛名を印刷することをおすすめします。

シールラベルの使い分け

シールラベルといえば、普通の用紙とは違い裏側がシールになっている特殊なプリント用紙ですので通常紙よりも少し値段が高いのですが、この用紙には普通紙にはない多くのメリットがあるため使用する人が増えてきています。ではどのようなメリットが存在するのでしょうか?
シールラベルに使われてる用紙は大きく2種類のものが存在しており、裏側はどちらも粘着力のあるシール素材でできているのですが表面が紙素材で出来ているものと、フィルム素材で出来ているものがあります。シールラベルには裏面がシール素材のためどこにでも貼り付ける事ができるというメリットがあり、封筒への宛名シールから商品の名前シールとしてなど様々な場面で活用されています。そのため使用される環境もまた様々な場面が想定され、その環境に応じてシールラベルの表側の素材を使い分けます。
例えば封筒などに使用する場合は、大量の郵送物を送ることを想定して一つ一つの単価が安い紙素材のシールラベルを使用したり、水周りで利用する場合などは、湿気で劣化しないようにフィルム素材で出来たシールラベルを使用するといった具合に使い分けることが出来るのです。皆さんもシールラベルを使用する時はその用途に応じて使い分けてみてください。

Pick Up Contents

便利だからこそ有効活用

シールラベルとは何か 皆さんは、シールラベルというものをご存知でしょうか?シールラベルというのはタ…

Read more

様々な場面で活躍できる

シールラベルの使用例 シールラベルと言えば、封筒の宛名表記の時によく利用していると思いますが、シー…

Read more

それぞれの素材に注目

シールラベル制作のポイント お子さまの持ち物やオフィスグッズなど、シールラベルはさまざまな場所で大…

Read more

奥深いシールラベル

シールラベルは活用方法が様々ある シールラベルはお店などの商品に貼るバーコードのものと、商品のデザ…

Read more